不動産投資のリスクと失敗しないためにするべきこと

不動産投資とは、投資の中でも「最もハードルが低い投資」ではないでしょうか?

収益構造は、主に募った入居者からの「家賃収入(インカムゲイン)」「不動産の売却益(キャピタルゲイン)」です。

上手に運用すれば大きな利益が期待できる一方

下手に運用すれば大きな損失を出し失敗します。

この記事では、不動産投資の「リスク」「失敗しないためにするべきこと」を紹介します。

|不動産投資のリスク

不動産投資に見られるリスクを5つ紹介します。

  1. 物件購入ローン
  2. 空室
  3. 維持・管理費
  4. 固定資産税
  5. 入居者トラブル

|①不動産購入ローン

大金持ちでもない限り、たいていの人が住居を購入する際にローンを組みます。

しかし、不動産投資のローンは通常のローンとは捉え方が違うんです!

なぜかというと、実質「入居者が払う家賃でローンを返済する」からです。

例えば、家賃収入が13万円でローン返済額が10万円の場合

家賃収入でローン返済額がすべてまかなえます。

皆さんが現在利用している通常のローンは100%自己負担ですが、不動産投資のローンは実質入居者が払うような構造なので、返済額の負担は通常のローンに比べて少ないでしょう。

|②空室

正直、空室問題が一番のリスクでしょう。

せっかく投資用物件を買ったのに、その部屋に入居者がいなくては利益が出ないですよね?

実際、不動産投資に失敗した経験がある方のうちの37%が「空室が埋まらなかった」ため失敗したとする調査結果もあるぐらいです。

投資用物件を買うにあたって気をつけなければいけないことは

「入居希望者が多い人気のあるエリア」かどうかです。

|③維持・管理費

忘れられがちなのが、この「維持費」と「管理費」です。

不動産によっては、老朽化した部分を立て替えなくてはいけなかったり

故障してしまった設備の新調や修理などもあります。

しかし、日々の不動産管理を専門業者に委託すればその手間は省けます。

何か問題が起きたときには委託した管理会社から連絡を受け、指示を出す程度ですみます。

|④固定資産税

固定資産税も忘れられがちです。

土地と建物にそれぞれ課されます。

例え、保有する不動産が空室で家賃収入がなくても発生します。

固定資産税も維持・管理費同様、忘れがちな経費です。

不動産購入時には、事前に綿密に計画を練りましょう。

|⑤入居者トラブル

ついに不動産に入居者が決まった!と一喜一憂してる場合ではないかもしれません。

その先には、入居者とのトラブルリスクがあります。

有名どころでいうと、家賃滞納・騒音トラブル・ルールやマナー違反などが挙げられます。

入居者とのトラブルは基本的にオーナーと入居者で解決しなければなりませんが

先述した通り、不動産管理を専門業者に委託すればオーナーと入居者の間に入り問題を解決してくれます。

オーナーが直接出る幕がなく楽ですよね。

これら5つが、不動産投資をする上でのリスクです。

不動産投資を失敗しないためにすること

不動産投資を失敗しないためにすることは

  1. 情報を集める
  2. 綿密な計画を練る

失敗しない方法は、この3つに集約されます。

|①情報を集める

情報を集めると言っても色々な方法があります。

インターネットや書籍、SNSや動画サイトなど多岐にわたります。

しかし、どれも心もとないと思ったことはありませんか?

それはなぜかと言ったら、実態が把握できないからではないでしょうか?

それなら実態が把握できるプロが発信している情報を集めるに越したことはありません。

今回は厳選して3つの方法をお教えします

・スマホで学ぶ資産形成

不動産投資の資料請求

無料で資料請求ができ、たくさんの知識や情報を学べるオススメの教材です!

ぜひ無料の資料請求だけでもご利用ください。

・GALA NAVI(ガーラ・ナビ)

【会員数5万人突破】無料会員のGALA・NAVIで、かしこく情報収集!

登録料・年会費など一切かからず、無料で会員登録で出来ます。

資産運用型マンションに関するさまざまな情報を発信するサイトです。

ぜひ会員登録をしてみてはいかがでしょうか。

・Oh!Ya(オーヤ)

不動産投資一括資料請求【Oh!Ya(オーヤ)】

こちらも、複数の不動産投資会社に無料で資料請求が出来るサイトです。

一度の入力で複数の不動産投資会社に資料請求が出来るのも利点です。

ぜひ一度、無料の資料請求をしてみてはいかがでしょうか。

厳選された不動産投資用の情報を

ぜひ、手にお取りください!

情報を制するものが戦いを制します。

|②綿密な計画を練る

先述した通り、綿密な計画を立てることが成功につながります。

しかし、綿密な計画を立てるにしても

情報がないと出来ません。

つまり、「情報と計画は2つで1つ」ということを意識してください。

あらかじめ何パターンかの計画を出しておくのが理想です。

投資初心者投資に失敗する人は、①と②に述べたことを疎かにしがちです

何事にもビギナーズラックはありますが、直感はあまり信じすぎないことをオススメします。

|③運

不動産投資をはじめ、投資というのは絶対的な自己責任で成り立っています

情報を極限まで集め、その情報から綿密な計画を練ることが

成功に近づく唯一の方法です。

しかし、投資に絶対の成功はありません。

つまり、どんなに情報を集めて綿密な計画を立てたとしても

失敗をすることはあります。

最悪、運任せとなる可能性があります

そういう場面に陥ってしまっても大丈夫なように

日頃から運気を高める生活を心掛けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA